モテる女子は着物の着付けも自分で出来る

着物を自分で着れたらかっこいい大人女子になれる気がする! そんなあなたを応援します

いざ着物の着付けにチャレンジ

1肌着、長襦袢

着物にもたくさん場所や用途によって種類があるのですが、今回は一番オーソドックスな小紋に半幅帯での説明をしますね。
小紋に半幅帯とは簡単に言えば、おしゃれな街着くらいの感覚だと思っていただければと思います。
まず、肌着を身につけます。
足袋、裾除け、肌襦袢。
この順番で着ていきましょう。
でないと、先程書いたように足袋を最後にもってくると、裾除けが乱れてしまいますので。
次にタオルでお腹を補正します。
間違えてもお腹の前にタオルを詰めるのではなく、くびれをなくしたいのでおなかのサイドにタオルが厚くはいるように。
よく言われるのは、腰の両サイドにハンドタオルを。
それをグルッと大きめのタオルで巻きます。
その上から腰ひもで優しく締めます。
ここはあくまでも優しく。
この上からまだ巻きつけるものはたくさんあるので、このひもは優しくて大丈夫です。
これで土台が出来上がりました。
続いて、長襦袢。
衿に衿芯を通すのを忘れないようにして長襦袢をはおります。
自分サイズに仕立てた長襦袢なら裾をあげることなど気にしなくて大丈夫ですが、既成のものなどで長かったりすれば腰ひもで調節しましょう。
なにより、長襦袢を着るときに大事なこと!
衿を抜かなければなりません。
最近、背中の衿がガッポリ開いた「ぬきえり」なんていったシャツが流行ってますが、きっとここからきてるんじゃないかと。
そんなちょっと色っぽく見せる為に背中の部分をクッと下へ引き、首の後ろにこぶしが一つはいるくらいのスペースを作ります。
それが衿を抜くといいます。
コレが思いっきり開いてたらなんだか、いやらしい感じになりますし、浅いと子供っぽくなっちゃうし割と難しいものなのです。


2着物、帯

長襦袢まで仕上がったら、次はいよいよ着物をはおります。
着物をはおったら、間違えちゃいけないのは合わせです。
左手が上にくるようにしてあわせましょう。
左手が上。左手が上と唱えながら。
この間違いを出先で気づいて大慌てでトイレで直した経験がある人がココに一人。
長襦袢と着物の合わせが違うと気付いた瞬間汗が噴き出すっていう。
懐かしい思い出です。余談でした。
左手を上にして着物をあわせたら裾を床すれすれにして腰ひもで思いっきり締めます!
自分で自分を締めるので力加減は分かりやすいでしょう。
ココは本当に渾身の力で締めてください。
それでもきっと出掛けて帰ってきたら裾の位置は変わってると思います。
次に衿を整えて、おはしょりと呼ばれる帯の下から指一本分くらい出てる部分を作ります。
それを伊達締めで押さえます。
次に帯です。
今回は簡単に半幅帯で説明します。
半幅帯とは細い浴衣の時の帯です。
着物との色さえ合えば、着物の帯として十分使えます。
文字だけでの説明だと結構難しいものもあるのですが。
まず、帯の端っこを左手で持ちます。
そこから左手を真っすぐ横に伸ばし、右手で帯を真っすぐ身体の真ん中、首あたりまで持ってきます。
右手と左手を持ち替えて、そのまま腰の位置までスライドさせて、長いほうの帯を身体に二回グルグル巻きます。
前で思いっきり一回くくって締めます。
そして、上手にちょうちょ結びをしてください。
羽根の大きさは肩幅くらいがベストだとか言いますが、キレイに見えたらそれでいいかと。
そして、下に出てる輪になってない方を結び目の裏を通して表にヒラッと垂らして結び目を隠しちゃいます。
後は少しお腹をへっこませて、後ろに一気に帯を回せば完成です!
あとは、その他もろもろ整えたら着物でお出かけできちゃいますよ。
チャレンジしてみたくなってもらえたでしょうか。



TOP