モテる女子は着物の着付けも自分で出来る

着物を自分で着れたらかっこいい大人女子になれる気がする! そんなあなたを応援します

浴衣の着付けにチャレンジ

浴衣を着付ける

浴衣は夏の風物詩。
夏に浴衣デートなんて出来たら楽しいですよね。
まずは浴衣くらい自分で着付けられたらかっこいいと思いませんか?。
着物は種類が違っても形はみんな一緒です。
それは浴衣も例外ではありません。
着物が洋服でいうお出かけ着なら、浴衣はパジャマです。
ですから、簡単に着れて当然なのです。
浴衣は着物の時に着ていた長襦袢を着ません。
なので、ちょっと透けやすくなりますので、派手な下着は禁物です。
浴衣の時に肌襦袢と裾除けが一体になった浴衣スリップを着るとさらに簡単です。
浴衣スリップを着て、浴衣をはおります。
浴衣の時の注意点は、着物の時は床スレスレだった裾を、くるぶしまであげます。
子供に着付ける時はもっと短めにするのですが、大人はくるぶし丈が一般的です。
これが腰ひもが緩いと出掛けて帰ってきたら、裾が長くなっちゃってるのはよくあるパターンなので、これでもかってくらいギューッと腰ひもはきつく締めましょうね。


帯を結ぶ

浴衣の帯は半幅帯なので、先程の着物の時に書いた帯の締め方で対応出来ます。
でも、半幅帯のアレンジはものすごくあります。
ついでに、自分で結ぶのではなく、誰かに結んでもらうとなればもっとアレンジはひろがります。
半幅帯だけではなく、帯締めや帯飾りを付けてみても可愛いですよね。
また、半幅帯より手軽に結べる、作り帯なんて言う物もあります。
背中にくる結び目があらかじめ出来上がっていて、クルクルを帯を巻いて最後にリボンの部分を背中につけるという、とっても簡単なものです。
入門編としてはこの作り帯でも十分楽しめると思います。
そこから色々興味を持ってもらって、帯の種類を増やしてみるとか、帯飾りを買ってみるとか。
まずは小物を増やしていってアレンジを楽しみながら、着物ライフを楽しんでもらえたらって思います。



TOP